検温

昨今のCOVID-19の拡大により人々は生活様式の変容を迫られ、感染リスクを考慮した行動や体制が求められる様になりました。
ほとんどの企業が手動による検温作業を実施していますが、社員同士によるクラスター感染リスクや多人数の検温に対応する際の検査員の感染リスクなど、未だに多くの問題を抱えています。そのためそれらの回避策として、遠赤外線カメラを用いた入室時の非接触体温検知が行われ始めています。

Global Walkersはディープラーニング(Deep Learning)を活用した体温測定技術を有しており、また健康管理の問題を解決する研究を継続的に行っています。

お問い合わせ

AIとIoTを活用した体温測定技術

検温作業の自動化

検温作業の自動化

Global WalkersのAI技術によって、遠赤外線カメラの映像から顔を自動で検出し、非接触で体温測定を行うことが可能です。
これにより人の手を必要としなくなるため、感染リスクの低減につながります。

AIoTシステムの構築

AIoTシステムの構築

Global WalkersのAI × IoT向けのRealtime AI Framework 「GW-Edge」と組み合わせたシステムを構築することが可能です。
例えば遠赤外線センサと小型コンピュータを用いて、社員のオフィスへの入室を記録すると同時に体温の計測・記録も行い、日々の社員の健康管理に役立てることなどが可能です。