検温

近年のCOVID-19の広がりは生活様式に大きな影響を与え、感染リスクを考慮した行動や体制が求められる様になりました。
例えばクラスター発生の回避策として、遠赤外線カメラを用いた入室時の検温作業が行われていますが、手動による検温作業を実施している会社がほとんどであり、検査員自身の感染リスクや多人数に対応するためのコストなど、未だに多くの問題を抱えています。

グローバルウォーカーズではディープラーニングを活用した体温測定技術を所有しており、また健康管理の問題を解決する研究を継続的に行っています。

お問い合わせ

AIとIoTを活用した体温測定技術

検温作業の自動化

検温作業の自動化

グローバルウォーカーズのAI技術によって、遠赤外線カメラの映像から顔を自動で検出することが可能です。
これにより、人の手を必要としない、AIによる効率的な体温測定が可能です。

AIoTシステムの構築

AIoTシステムの構築

弊社のAI × IoT向けのRealtime AI Framework 「GW-Edge」と組み合わせたシステムの構築が可能です。
例えば遠赤外線センサと小型コンピュータを用いて、会社への入室記録と同時に体温の計測・記録し、社員の体温を日々管理することなどが可能です。