3次元姿勢推定

3次元空間における人体姿勢の推定(3次元姿勢推定/3D Pose Estimation)は2次元の姿勢推定よりもはるかに難易度が高く、ここ数年で目まぐるしい発展を遂げている領域です。
不審な行動の検知、ロボットやアニメーションの動作への活用など、様々な分野への応用が期待されていますが、一般にカラー画像から高精度に3次元姿勢を推定することは難しく、通常は複数のセンサからなるモーションキャプチャや、ボディスーツなどの高価な設備が必要となります。これらの設備は、野外での利用には向いていないといった欠点もあります。

3次元姿勢推定AIモデル「GW-POSE」

グローバルウォーカーズではリアルタイムで3次元姿勢を推定する技術「GW-Pose」を開発しています。
Depthカメラから得られるカラー画像と距離情報を活用する事で3次元空間における人の関節位置を計測します。動画像からリアルタイムで3次元姿勢推定を行うことが可能です。Depthカメラが計測できる距離内であれば、工場内やスポーツイベント会場、オフィス環境など場所を問わず利用可能です。

GW-Poseの特徴

正確性

正確性

Intel RealsenseなどのDepthカメラから得られる距離情報を用いることで、RGB値のみを用いたAIモデルと比較してはるかに正確な姿勢推定を実現しています。

低負荷

低負荷

一般的なノートパソコン(NVIDIAのGPUを搭載した)においても10~100フレーム/秒程度の推論処理が可能です。NVIDIA Jetsonなどの小型コンピュータでもリアルタイム処理が可能です。

モジュラー

モジュラー

X86やARMプロセッサにも互換性があります。DepthカメラについてもIntel Realsense 以外のToFカメラなどを活用することも可能です。

リアルタイム出力

リアルタイム出力

18個の身体部位の3次元座標を、最大100フレーム/秒での出力に対応しています。
18個の身体部位の3次元座標以外を計測したい場合は、カスタマイズも可能です。

複数人の同時察知

複数人の同時察知

複数人が映っている場合であっても、一人のみが映っている場合と同等の速度や精度で、複数人の3次元姿勢を同時にリアルタイムで推論することが可能です。

導入コスト

導入コスト

必要なデバイスは1台のコンピュータと、1台のDepthカメラのみです。
シンプルかつコンパクトなシステム構成なため、ロボットやドローンへの搭載も可能です。

GW-Pose デモ動画

Single Person

Outdoor

Office Working

Viewpoints