Global Walkersではディープラーニング(Deep Learning)と画像処理を駆使し、様々なクライアントのニーズに応え、
技術開発やソリューション提供を行っています。
開発実績は、監視カメラ向け人物・物体検出、FA向け不良品検査、建造物のメンテナンス向けひび割れ・錆検出など、多岐に亘ります。

Global Walkersの保有技術

Deep Learning

Deep Learning

『GW-AI-OCR』(文字認識)『GW-Pose』(3次元姿勢推定)、物体検出モデル、領域分割モデルなど多様なDeep Learningのモデル開発を行っています。監視ロボット向け人物・物体検出など、実用レベルでの実績を有しています。

ハードウェア

ハードウェア

撮像素子、レンズ、フィルタ、小型コンピュータなど、ハードウェアの知見を有しています。ハードウェアの選定からソフトウェアの実装までを一貫してサポートします。

リアルタイム処理

リアルタイム処理

画像取り込み、AIによる画像認識処理や姿勢推定処理、サーバなどへの通知処理をリアルタイムで行うためのフレームワーク『GW-Edge』を活用することで、効率的な開発が可能です。

画像処理/3次元計測

移動物体の検出、追跡などを組み合わせることで、実用レベルのAIシステムを実現します。また、車載用ステレオカメラの開発経験に基づくカメラキャリブレーション、ステレオ3次元計測、多視点幾何、Depthカメラを用いた3次元計測のノウハウを駆使することで、2次元画像のみからでは得られない3次元情報を計測します。4台のカメラを用いた、人の頭部やボールの軌道計測などの実績を有しています。

開発メニュー

  1. 1

    要件定義・基本設計

    解決したい課題からAIシステムの要件を策定します。入力するデータを取得するためのハードウェア選定、処理するためのコンピュータ選定、AIモデル選定などを、技術コンサルティングとしてサポートします。

  2. 2

    PoC

    PoC(Proof of Concept)と呼ばれるトライアルを実施し、AIシステムの実現可能性を確認します。

  3. 3

    プロトタイプ開発

    PoCをクリアした後に、プロトタイプの開発を行います。データの収集およびアノテーション、AIモデル開発・学習、GUI開発を行います。動作検証やデモが可能なレベルのシステムを構築します。

  4. 4

    開発(プログラミング実装・学習・テスト)

    AIの誤認識・未認識シーンの抽出、追加の教師データ作成を行い、AIモデルの追加学習を行います。また、システム全体の開発およびテストを実施し、実用レベルのAIシステムに作りこみます。

  5. 5

    運用時追加学習

    精度の維持・向上のために、運用後(特に運用直後)にAIの誤認識・未認識シーンの抽出、追加の教師データ作成を行い、AIモデルの追加学習を定期的に実施します。
    データセット作成サービス「Annotation One」によるHITL型のデータ作成を活用し、より実情に合わせたAIモデルの開発を促進します。

導入実績

製品化開発

開発機能

転倒検知:急病人や事故による転倒を検知
不審者検知:刃物・銃等の危険物を検知
置き去り検知:荷物の置き忘れ・不審な荷物・ゴミを検知
深酔検知:酔っ払いの侵入を検知
喫煙検知:喫煙行為の検知

 

効果

 ・警備員等の巡回業務を減らし、警備業務オペレーションの省人化を実現
 ・緊急事態を即座に検知し、警備による安全性の向上

洗剤の利用実態調査でのデータ取得例。洗い物をする男性の画像

AIデータ解析

小売店の顧客行動調査でのデータ取得例。商品を手に取る女性の画像

解析メニュー

動線解析:来店客・従業員の歩行経路データの解析
滞留時間解析:特定のエリアの滞在時間・密集度の解析
属性解析:来店客の性別・年齢等の属性解析
接触解析:手・体が触れたモノへの接触箇所解析
特定の行動解析:不審行動等の任意の行動を学習し解析

効果

・来店客の動向を分析し、マーケティングやレイアウト施策への活用
・従業員の動向を分析し、業務効率改善へ活用

技術コンサル/物体検出機能開発

コンサルティング

カメラ・コンピュータデバイスの検証・選定
運用時のシチュエーションや高度なAI処理に適したカメラ(レンズ含む)、コンピュータ(基盤)を検証しご提案

開発機能

AIナンバープレート検出及びトラッキング
AIで自動車及びナンバープレートの文字を検出
露光制御機能:屋内外、昼夜問わず自動で露光を制御

 

効果

 ・個別の条件や環境に応じて最適なハードウェア選定が可能
 ・露光制御とAIを組み合わせることで、検出精度を向上

洗剤の利用実態調査でのデータ取得例。洗い物をする男性の画像