AI開発プロジェクトにおいては、学習量の不足やモデル作成の失敗などの理由により
PoC段階で頓挫するケースが多く見受けられます。
その様な問題に対して柔軟に対応すべく、Global Walkersでは、子会社であるGLOBAL WALKERS (MYANMAR) を活用した
ラボ型開発サービスGlobal Walkers Lab(以下GW-Lab)を提供しています。
Global Walkersの優秀なAI開発者を活用したラボ型開発により、よりお手軽かつ柔軟なAI開発体制の構築が可能です。

お問い合わせ

オフショア開発におけるラボ型開発とは?

ラボ契約・ラボ型開発とはオフショア開発における契約形態のひとつで、一定期間、特定の人員を確保し自身のプロジェクトを担当させる契約形態です。
通常の受託開発とは異なり、アサインされた人員は自社専属となる為、ノウハウの蓄積による効率化や仕様の変更や作業内容の変更などに柔軟に対応することが可能です。

ラボ型開発とは?

開発例:道路(アスファルト・コンクリート)のひび割れを検知するAIの実証実験プロジェクト

A社の場合

他社参考価格

GW-Labの場合

GW-Lab参考価格

コストメリット オフショアと国内のAIエンジニアの ハイブリッド体制 で、コストメリットを実現  

GW-Labの特徴

開発会社としてのノウハウ

開発会社としてのノウハウ

GW-Lab では、日本法人であるGlobal Walkers株式会社のノウハウを活かした、高品質な学習モデル/教師データの作成が可能です。
必要に応じて、日本人スタッフがブリッジやコンサルタント業務を行います。

GLOBAL WALKERS(MYANMAR) 詳細ページへ
AIモデル開発に必要な工程をすべて実施可能

豊富な人材の活用

GLOBAL WALKERS (MYANMAR) には現地の優秀なエンジニアとアノテーションスタッフが多数在籍しています。そのため、AIのモデル選定から開発、学習用の教師データ作成まで、AI開発に必要な工程のすべてをGW-Lab内で行うことが可能です。
また、プロジェクト専属のチームを現地で組むことにより、更なる業務の効率化、高水準化を実現しています。

お問い合わせ

GW-Lab サービスメニュー

お問い合わせ

GW-Lab 活用事例

導入事例

水漏れによる水たまりをSemantic Segmentationで検知(赤色の領域)
※ 画像はイメージです

評価・再学習のサイクルを迅速に回すことにより短期間で想定以上の認識精度を実現

 

プロジェクト概要

工場内のパイプからの水漏れによりできた水溜まりを検知する、Semantic Segmentationモデル開発および教師データセット作成

 

作業実施概要

・1ヶ月間の作業期間
・AIエンジニア3名(GLOBAL WALKERS(MYANMAR))+ブリッジ1名(日本人スタッフ)の体制で開発
・AI教師データとして用いる画像200枚へのアノテーション作業

 

AIエンジニアの作業内容

・最新手法も含めたモデルの調査・比較・選定
・データ拡張(Data Augmentation)
・学習処理、精度評価
・ファインチューニング(再学習)

 

お客様からの評価コメント

「ラボ型開発では、開発状況に応じて柔軟にプロジェクトを進めることができました。精度評価の結果を見ながら精度向上を行うファインチューニングのサイクルを迅速に回すことができ、結果的に想定以上の精度を出すことができました。」

FAQ

オフショアでの作業について、品質が基準を満たすかどうか不安です。

要件定義や作業指示時など、日本国内のスタッフが現地スタッフと密にコミュニケーションを取りながら作業を進めてまいりますので、日本国内で作業した場合と同等の、高品質な成果物をご提供可能です。

オフショアのAIエンジニアでどこまでの開発が可能ですか?

オフショアのAIエンジニアはスキル別にS~Bランクに分かれています。
Sランクですと、AI開発の一連の対応や最新の論文の検証、UI/Webの構築まで可能です。
貴社のご希望の開発内容に合わせ、最適な人材をご案内いたします。

請負とラボ型、どちらで依頼すればよいかわからないのですが。

一般的に、納期やデータ入稿のタイミングが明確でない長期的なプロジェクトや、膨大な量のデータを扱うプロジェクトなどは、ラボ型の契約をお勧めしております。
また、仕様の検証段階でのプロジェクトに関しても、変更時に柔軟な対応が可能なラボ型の契約をお勧めいたします。

AI開発についての知識が無いのですが、依頼は可能ですか?

可能です。
弊社ではAIエンジニアによるコンサルタント業務から、AI開発を請け負い可能です。
貴社のご要望、環境などのヒアリング後、必要な工程とそれに応じた開発プランなどを弊社からご提案させていただきます。

オフショア開発は未経験なのですが、特別な体制や資料は必要ですか?

日本国内に依頼をする場合と同様の体制で発注可能です。特別な資料や体制などは必要ございません。
弊社日本人スタッフと現地スタッフが、必要に応じて資料の翻訳や現地のマネジメントなどを行います。