AI開発プロジェクトにおいては、学習量の不足やモデル作成の失敗などの理由により
PoC段階で頓挫するケースが多く見受けられます。
その様な問題に対して柔軟に対応するべく、グローバルウォーカーズでは、子会社であるGLOBAL WALKERS(MYANMAR) を活用した
ラボ型開発サービスGlobal Walkers Lab(以下GW-Lab)を提供しています。
弊社の優秀なAI開発者を活用したラボ型開発により、よりお手軽かつ柔軟なAI開発体制の構築が可能です。

お問い合わせ

ラボ型開発とは?

ラボ契約・ラボ型開発とはオフショア開発における契約形態のひとつで、一定期間、特定の人員を確保し自身のプロジェクトを担当させる契約形態です。
通常の受託開発とは異なり、アサインされた人員は自社専属となる為、ノウハウの蓄積による効率化や仕様の変更や作業内容の変更などに柔軟に対応することが可能です。

ラボ型開発とは?

GW-Labの特徴

開発会社としてのノウハウ

開発会社としてのノウハウ

GW-Lab では日本法人であるグローバルウォーカーズ株式会社のノウハウを活かした、高品質な学習モデル/教師データの作成が可能です。
必要に応じて日本人スタッフがブリッジやコンサルタント業務を行います。

GLOBAL WALKERS(MYANMAR) 詳細ページへ
AIモデル開発に必要な工程をすべて実施可能

AIモデル開発に必要な工程をすべて実施可能

GLOBAL WALKERS(MYANMAR) には現地の優秀なエンジニアとオペレータが多数在籍しており、AIのモデル選定から開発、学習用の教師データ作成までAI開発に必要な工程のすべてをGW-Lab内で行うことが可能です。
また、プロジェクト専属のチームを現地で組むことにより更なる業務の効率化、高水準化を実現しています。

お問い合わせ

Global Walkers Lab 提供メニュー

お問い合わせ

FAQ

オフショアでの作業について、品質が基準を満たすかどうか不安です。

要件定義や作業指示時など、日本国内のスタッフが密に現地とコミュニケーションを行いながら作業を進めて参りますので、日本国内で作業した場合と同等の、高品質な成果物をご提供可能です。

請負とラボ型、どちらで依頼すればよいかわからないのですが。

一般的に、納期やデータの入稿タイミングが明確で無い長期的なプロジェクトや、膨大な量のデータを扱うプロジェクトなどはラボ型の契約をお勧めしています。
また、仕様の検証段階でのプロジェクトに関しても、変更時に柔軟な対応が可能なラボ型の契約をお勧めいたします。

AI開発についての知識が無いのですが、依頼は可能ですか。

可能です。
弊社ではAIエンジニアによるコンサルタント業務からAI開発を請け負い可能です。
貴社のご要望、環境などのヒアリング後、必要な工程とそれに応じた開発プランなどを弊社からご提案させていただきます。

オフショア開発は未経験なのですが、特別な体制や資料は必要ですか。

日本国内に依頼をする場合と同様の体制で発注可能です。特別な資料や体制などは必要ございません。
弊社日本人スタッフと現地スタッフが必要に応じて資料の翻訳や現地のマネジメントなどを行います。