当社と株式会社インフォメーションクリエーティブ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:齋藤 良二、以下インフォメーションクリエーティブ)は、両社による動画像処理AI技術およびAIデータの利活用を目的とした業務提携を締結いたしました。

今回の業務提携により、当社は自社開発の動画像AI技術ノウハウとAI学習用データ作成サービス「Annotation One」、オフショアAIエンジニアリソースサービス「GW-LAB」をインフォメーションクリエーティブへ提供し、インフォメーションクリエーティブが自社展開するチケット販売・管理システムへのAI技術導入および実用化を支援して参ります。

第一弾として2021年4月より当社はインフォメーションクリエーティブより技術者の出向を受け入れ、技術ノウハウの移転を積極的に行いつつ、両社にて共同プロジェクトを推進いたしました。

今回の協業により、インフォメーションクリエーティブが提供するシステム・サービスへのAI技術の積極的な転用を行いつつ、サービスローンチ後においてもグローバルウォーカーズが保有するAI学習用データ作成サービス「Annotation One」の再学習運用・精度評価体制を活用することで、インフォメーションクリエーティブが有するサービスのアルゴリズムの精度向上に、継続的に寄与して参ります。

本プレスリリースは、PR-Timesにても配信されております。
こちらの記事も併せてご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000027037.html