AI(深層学習/機械学習)をビジネスで活用するためには、教師データの構築(アノテーション)、データの加工(前処理)、モデルの設計、学習など多岐に渡るノウハウが必要となります。またAIのみではなく、カメラによる3次元計測、物体の追跡などの高度なコンピュータビジョン(CV)技術を駆使することで、AIを実用レベルにまで創り上げます。非接触マーカーレスモーションキャプチャ、文字認識アプリケーションの研究を継続的に推進し、仕事の質、生活の質の向上に貢献できるサービスの創出を進めています。

AI(深層学習/機械学習)

AI(深層学習/機械学習)

物体検出/AI-OCR

グローバルウォーカーズは深層学習を用いた画像からの物体検出を得意としております。一般的な画像に加え、赤外線カメラやToFカメラ等を用いた物体検出も可能です。画像処理技術とAI (深層学習/機械学習)を組み合わせることにより、文字認識の精度をOCRよりも高める開発を行なっており、書類分類の自動化や、データ入力の自動化など業務効率化にご活用頂くことが可能です。学習データを強化し、フリーデザインの資料に対する文字認識や手書き文字に対する認識技術の開発を進めて参ります。
技術の活用として、道路・橋のひび割れ、サビ検知や、工場内における不良品検知、帳票、図面や領収書等の文字認識がございます。