ステレオカメラを活用した障害物検出、安全運転支援システムの研究開発を通じて、カメラのキャリブレーション、ステレオマッチング等、高精度な3次元計測、物体追跡に必要な技術・ノウハウを保有しております。高度なCV技術を駆使することでAIのビジネス活用を強力に後押しします。

CV(画像処理)/ マーカーレスモーションキャプチャ

ステレオカメラを活用した障害物検出、安全運転支援システムの研究開発で培った様々な技術、ノウハウを有しております。それらの技術・ノウハウとAI(深層学習)を融合させることで、カメラによる物体及び人物の骨格情報の3次元モーションを自動で取得する技術の研究開発を行っております。画像から骨格情報の取得することにより、Depthカメラが利用できない広い領域や屋外での動きを計測することができます。 マーカーを必要としないため、マーカーを装着できない環境下でも使用可能です。また、複数カメラからの骨格情報と3DCGを組み合わせることで、現実の動きを再現したCGコンテンツの制作が可能となります。
技術の活用として、自動運転のための障害物の距離・相対速度計測、店舗内での顧客動線解析、スポーツ選手のトラッキング等がございます。